神出鬼没「空飛ぶ砲兵」爆誕? 米がウクライナに供与の「M777」榴弾砲の驚くべき使い道

ロシアのウクライナ侵攻にともない、アメリカがウクライナへ供与した「M777」 155mm牽引式榴弾(りゅうだん)砲。他国とは異なるラインナップを用意したのには、アメリカ軍の思惑がありました。

「次世代砲」M777の圧倒的強みとは

 ロシア軍へ対抗するウクライナに、アメリカはさらなる武器支援として「M777」155mm牽引式榴弾砲90門を供与しています。ただ、兵器に詳しい人は疑問に思うかもしれません。「ドイツやオランダは装軌(キャタピラ)式のPzH2000、フランスは装輪式(トラック搭載式)のカエサルといった機動性に優れた比較的新しい155mm自走砲の供与を決めたが、天下のアメリカはなぜいまだに『トラックで牽引する』という旧来のやり方なのか?」と。
 
しかし、これこそが、反撃に転じようとするウクライナ軍にとっての“秘密兵器”になる、とアメリカは確信しているようです。

Large 220512 m777 01

拡大画像

アメリカがウクライナに供与したM777 155mm牽引式榴弾砲(画像:アメリカ国防総省)。

 M777はイギリスが海外輸出用として2000年代前半に開発した次世代砲で、アメリカ陸軍と海兵隊は数百門単位で採用しました。現在は、これまで使用してきたM198 155mm牽引式榴弾砲と順次交代している最中です。

 最大の特徴はチタン合金をふんだんに使って実現させた驚くほどの軽さで、標準型でわずか3.7t、改良型のM777A2で4.2tに抑えています。

 ライバルの火砲と比べると、前述のM198は約7.2t、ロシアの2A65は7t(旧ソ連/ロシア製は152mm)、旧西ドイツ/イギリス/イタリアが共同開発し陸上自衛隊も採用するFH-70は7.8~9.6t(短距離自走が可能な補助エンジンを持つためやや重い)など、おおむね7t台が相場です。つまりM777はそれらに対しほぼ半分~6掛けの軽さということで、もちろん155/152mm砲クラスでは最軽量を誇ります。

テーマ特集「ロシア軍のウクライナ侵攻 最新情勢 戦争はどうなっているのか」へ

【画像】有能すぎる「M777」と従来の自走砲を見る

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

2件のコメント

  1. ttps://twitter.com/MolotovAbe/status/1525598261171859456
    >ウクライナ版M777榴弾砲はデジタル火器管制装置が取り外されたモンキーモデル疑惑

    え、ちょ・・・は?
    まぁ鹵獲されて最新技術がロシアに渡ったら困る、し?
    いえ、これは・・・ロシアのプロパガンダですね!たぶん絶対にそう!
    ウクライナが勝ってるハズなのにアメリカが停戦呼びかけたのは武士の情け!
    皆さん!最後の踏ん張りどころです!
    ウクライナ大使館に募金はしましたか!?諭吉でお願いしますよ!?
    JAPaneseは金持ってるでしょ!?諭吉♪あ、それ諭吉♪1枚じゃ怒りますよ!?
    ウクライナに栄光あれ!

  2. 戦争の好きな米国は、喧嘩の売り方が巧妙です。日本もABCD包囲網に取り込まれ自衛戦争を強いられたことを忘れてはなら無い。
    自国の利益に合わない相手に対しては悪魔とでも手を組む事にチュチョシしない恐ろしい国です。
    人権や自由を唱えながらジハッドをするのは許される?
    両軍ともミサイル攻撃に対する防御力は弱いようです。イスラエルのアイアンドームのような防御力が日本には必要です。
    自力またはイスラエルの防空システムを導入してほしい!
    自国は米軍とは独立した国防軍が必要です!
    米国の都合次第で日本は棄てられるのは、米国の過去の戦争をみれば一目瞭然です!