JR飯田橋駅「ホーム廃墟」どうなる? 「西側へ丸ごと移設」からまもなく2年 長い長~い通路

JR中央・総武線各駅停車の飯田橋駅は、2020年7月にホームが西側へ移設され、大きく姿が変わりました。昔のホームはまだ現地に残され、「遺跡」のような姿に。「遠くなった」東口とともに、どうなっていくのでしょうか。

誰もいなくなった飯田橋駅旧ホーム

 JR中央・総武線各駅停車の飯田橋駅がリニューアル開業して、2022年7月で2年を迎えます。

 従来のホームが曲線半径300mの急カーブ上にあり、車両との隙間が広いなど安全面で課題があったため、ホームを新宿寄り(西側)へ約200m移設。あわせて早稲田通り直結の西口駅舎もリニューアルされたのです。昨年夏には西口駅舎2階に「史跡眺望テラス」も整備され、江戸城の史跡「牛込見附跡」と「江戸城外堀跡」を見渡すことができます。

Large 220414 iida 01

拡大画像

JR飯田橋駅の旧ホーム部分(乗りものニュース編集部撮影)。

 さて、ホームの位置が大きく変わった飯田橋駅。現ホームから東口改札に通じる階段までは柵が設けられて「通路」に。そこからさらに東側は立ち入り禁止となっており、放棄されたホーム跡が姿を見せている状況です。

 まるで渋谷駅の旧埼京線ホームを思わせる、延々と続く通路、そしてホームの「廃墟」。これらは今後、どうなっていくのでしょうか。

【まるで遺跡「飯田橋駅旧ホーム」の現状】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. 写真が冗長すぎる
    同じアングルの写真を2枚づつ並べるくらいなら減らしても良いのでは