伊丹空港、2府県3市にまたがるのになぜ “伊丹”? 正式名「大阪国際空港」にも理由アリ

関西地方の空の玄関口のひとつ「大阪国際空港」は、またの名を「伊丹空港」として知られています。ただこの空港は、大阪と兵庫の2府県、そして3市にまたがる位置にあります。なぜ「伊丹」なのでしょうか。

いろいろまたがっているけど「大阪」「伊丹」

 関西地方の空の玄関口のひとつ「大阪国際空港」は、またの名を「伊丹空港」として知られています。ただ同空港は、兵庫県伊丹市・大阪府豊中市・大阪府池田市と2府県3市にまたがっています。

Large 01

拡大画像

伊丹空港を離陸するJAL機(乗りものニュース編集部撮影)。

「旅客ターミナルのほとんどが豊中市、貨物エリアなどが池田市、滑走路の多くの部分が伊丹市に位置します」。こう話すのは、伊丹空港を運営する関西エアポートのツアー担当者。同社は空港内の滑走路を周遊する道路などをバスで巡るツアーを不定期で開催しています。

 ではなぜ、そのなかで「伊丹空港」と呼ばれるかというと、「もともとあった滑走路が伊丹市にあったことが関係している」と説明してくれました。

 たしかに、前進の伊丹飛行場時代から米軍接収下を経て、返還後、大阪空港としてリスタートを切る1958年までの航空写真を見ると、かつての伊丹空港はいまより西側、つまり伊丹市側に寄って位置していたのがわかります。

【地図】そりゃあ議論の的になるわ…伊丹空港のびっくりな立地

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. JALのターミナルはすべて池田市で
    ANAのターミナルはすべて豊中市に有ります。

  2. 関西国際空港が開港するまではここからも国際線が飛んでいたんだよ…
    と言うことも書いてあげて欲しい。

  3. こんな例は、現 県営名古屋空港(かつての名古屋国際空港)だって同じく、複数の自治体に跨がっているのに、小牧空港と呼ばれるのと同じ。