下地島特有!? 元「ANA乗員宿舎」の宿とは 思わぬところにパイロットの「置き土産」

近年リゾートとして注目を集める沖縄の下地島は、元来パイロットの訓練空港だった側面がありました。地域が大きな変化を遂げたなか、現在もその名残を残す場所がANAのパイロット宿舎を改修したホテルです。実際に行ってみました。

廊下部分などに懐かしANAポスター

 沖縄県の宮古列島に位置する下地島空港は、かつてはパイロットの訓練空港だった経歴を持ちますが、現在はLCC(格安航空会社)などが乗り入れ、大きな変化を遂げました。

 ここ近年で一気に離島のリゾートとなった同エリアですが、かつての訓練空港としての面影を残す施設が、その近くに存在します。下地島空港から1km少しの場所にある「下地島コーラルホテル」は、もともとANA(全日空)のパイロット宿舎を改修したものとのこと。実際に訪問すると、その名残を各所に見ることができました。

Large 200718 hotel 01

拡大画像

「下地島コーラルホテル」の玄関口(2020年7月、乗りものニュース編集部撮影)。

 入口はホテルというよりは、どちらかというと昔ながらの寮といったイメージです。受付部分にはANA機、ソラシドエア機、AIRDO機のモデルプレーンが飾られています。受付を済ませて受け取った部屋の鍵、そのキーホルダー部分には、部屋番号だけでなく「ANA」のロゴが刻まれていました。

 共用部分には、過去のANA機のポスターが各所に貼られています。なかには「ハイテクジャンボ」747-400型機が大きく映ったものや、「次世代機ボーイング787、続々導入!」といった、今やどこで見られるかわからない稀少なものも。食事がとれる棟につながる渡り廊下の出入口のガラス扉には、ANAの旧社章「ダヴィンチのヘリ」のロゴシールが貼られています。

写真で見る「下地島旧パイロット宿舎」の館内

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント