「峠の釜めしのアタマ」って? 荻野屋の駅そば店 神田駅高架下に開店 つまみの皿も釜

夜はバーに。

釜めしの釜でそばを食う

 群馬・横川駅の名物駅弁「峠の釜めし」の製造元である荻野屋が、2022年6月6日(月)に新店舗「荻野屋 弦 神田」をJR神田駅高架下にオープンします。

Large 220603 oginoya 01

拡大画像

峠の釜めしのアタマ。皿も釜めしの釜の「つば」風(画像:荻野屋)。

 同様の出店は有楽町駅の高架下に続く2店舗目。荻野屋は軽井沢駅で駅そば店も展開しており、その自家製生麺を使用したそばを中心に提供、夜は、酒とともにそばを食べる「蕎麦前」を気軽に楽しめるよう、群馬や長野の地酒や、一品料理を提供します。

 特徴的なのはその器です。そばは「峠の釜めし」の釜を模した器で提供されるほか、おつまみ類は、その釜の上部(つば)を切り取ったような皿が使われます。峠の釜めしのご飯以外の具材をおつまみとして楽しめる「峠の釜めしのアタマ」なども用意されます。

 営業時間は昼が11~15時、夜が17~23時。日曜定休となります。

【了】

【そば店です】「荻野屋 弦 神田」とメニュー 画像で見る

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. 神田峠の釜そば