世界で最も免許取得が簡単/難しい国はどこ? 日本は簡単?難しい?

自動車の運転免許取得までのハードルは国によって異なります。簡単な国あるいは地域は、本当に簡単。一方で、かなりの時間と費用がかかるケースもあります。

世界で最も免許取得が簡単な国とは?

 自動車の運転免許取得までのハードルは国によって異なります。簡単な国はどこでしょうか。また、日本はどれほど難しいのでしょうか。

Large 220614 menkyo 01
教習車のイメージ(画像:Photolibrary)。

信じられないほど簡単な国とは?

 世界で最も免許取得が簡単な国と言われるのが、メキシコです。アメリカの運転教育プラットフォーム「Zutobi」が2021年に発表したランキングでは、「信じられないほど簡単」とも紹介されています。

 メキシコは一部の州を除き、書類と手数料だけで運転免許を取得できます。運転年齢は15歳から。一部の州では筆記試験・技能試験がありますが、10問中7問正解すれば合格となる簡単なものです。

メキシコで運転免許を取得しても日本で運転することはできません。逆に、メキシコ国内ではどの国の運転免許も通用します。日本の運転免許証の提示で、筆記・技能試験が免除される州もあるとのことです。

逆に難しい国は…

 前出の「Zutobi」のランキングで、免許取得までのハードルが最も高いとされているのが、クロアチア。同国の運転レッスンは平均で約85時間かかるといいます。このほかに理論テスト、視力テストや医療テストなども必須で、その費用も諸外国と比べかなり高くなるそうです。

 以前は、免許取得が最も厳しい国としてフィンランドも挙げられていました。試験は夏冬2回、凍結路面を想定した滑りやすい路面、夜間走行などが必須でしたが、規制緩和がなされており、Zutobiのランキングでは難しいほうから28番目となっています。

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. アメリカで、日本のドライバー試験は世界一難しいから日本の運転免許証持ってるは優秀だから、俺にも運転させろ!と図々しく言ってくる18歳ルームメイトがいた。もちろん断ったけど。