旧「鹿児島空港」のいま 移転から半世紀 空港の痕跡は残っているのか? 現地へ行く

現在鹿児島空港は、中心部から少し離れた場所にありますが、かつては中心部にほど近い「鴨池」というところにありました。空港の運用終了から約半世紀、現在はどうなっているのでしょうか。

立地抜群も拡張困難だった「鴨池空港」

 現在の鹿児島空港は、鹿児島県中心部から直線距離で約30km、バスなどの陸路でおよそ40分~1時間弱程度を要する霧島市溝辺町に位置しています。この場所に空港が設置されたのは、いまからちょうど50年前の1972年。ただ、それ以前の鹿児島空港は別の場所にありました。その地は現在どうなっているのでしょうか。

Large 01

拡大画像

かつての「鴨池空港」の航空写真(画像:国土地理院の航空写真を加工)。

 旧鹿児島空港があったのは、鹿児島中央駅から南方向へ3.5kmの距離にある鴨池地区。大隅半島へ渡る鴨池垂水フェリーが発着する鴨池港の周辺で、湾内の沿岸に沿うように位置していました。そこは、現在の鹿児島空港と区別するためか、愛称として「鴨池空港」とよばれることもあります。

 鴨池空港はアクセスが良かった反面、北側には国道・人家・河川などが密集し、南側には水深の深い海が広がる立地にありました。1960年代ごろから航空需要が大きく増え、飛行機の大型化やジェット化が進みます。これに対応すべく滑走路の延長が必要であったものの、鴨池空港はこの特殊な立地上、それが困難でした。そこで、霧島市に新空港を作る計画が決定されたということです(県の公式サイトより)。

 現在の鹿児島空港が供用開始となった1973年、鹿児島県は鴨池空港の跡地周辺を「鴨池海浜ニュータウン計画」として再開発すると策定。その後1996年には、跡地周辺に鹿児島県庁、県警本部庁舎なども移設され、現在では官公庁・住宅街などが並ぶエリアとなっています。

 さて、2022年現在のこの地には、空港の痕跡はあるのでしょうか。実際に鴨池空港跡地周辺へ行ってみました。

【写真特集】さっと見る 旧「鴨池空港」のいま(25枚)

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント