N700系の素材を使ったネクタイピン 今度は初代「のぞみ」300系を発売 台車回りも忠実に再現

N700S・N700系TypeAのタイピンと揃えるのもいいかも。

「のぞみ」号運行開始30周年記念商品

 ジェイアール東海商事は、2022年7月1日(金)の午前10時より「東海道新幹線再生アルミ タイバー 300系」を発売します。

Large 220627 300 01
初代「のぞみ」に使われた300系新幹線電車(2011年10月、恵 知仁撮影)。

 同社では、東海道新幹線N700系TypeA(X23編成)が廃車となった際、車体に使われていたアルミを分別・リサイクルしてN700SとN700系TypeAのタイバー(タイ留め)を発売しましたが、今回はそれに次ぐもの。東海道新幹線「のぞみ」号の運行開始30周年を記念した商品です。

 実車の300系はN700Sとは異なり台車カバーはありません。本商品では露出している台車回りを忠実に再現しています。

 また、ケースは東海道新幹線の車体をイメージ。ケース内にはN700Sの普通車で使用されているモケット(シート生地)を使ったクッションが入っています。

 価格は6820円(税込)。JR東海MARKET内のオンラインサイト「ここ鉄」で発売します。

【了】

【画像】300系のタイピンとケースをサッと見る

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント