ウィラー高速バス「能登」へ 東京~富山・金沢線を延長 高速バスブランドを統合で

さらば「グリーンライナー」。

既存高速バスブランドがウィラーに統合

 ウィラーが2022年7月14日(木)より、高速バス「ウィラーエクスプレス」として能登半島を発着する便を新設します。予約も6月20日から始まりました。

Large 220628 noto 01

拡大画像

丸一観光の「グリーンライナー」(左)がウィラーエクスプレスへ統合され、能登エリア発着が実現(画像:丸一観光)。

 既存の東京~富山・金沢線が増便され、一部が能登発着となります。途中で羽咋駅、和倉温泉駅、七尾駅を経由します。

 今回の路線延伸は、地元のバス会社である丸一観光がウィラーと業務提携を結んだことで実現。丸一観光はこれまで「グリーンライナー」のブランド名で高速バスを運行していましたが、これをウィラーエクスプレスへ統合。丸一観光は「お客様の利便性向上を狙い、『WILLER EXPRESS』に生まれ変わります」としています。

 東京と金沢方面を結ぶウィラーエクスプレスは、既存のニュープリンス観光バス運行便(1往復)とともに夜行3往復の体制に。うち1往復が能登エリアを発着します。

 運賃は富山、高岡、金沢発着が5200円~、羽咋、七尾、和倉温泉発着が5900円~。車両は、顔を隠せる“カノピー”がついた4列シートを搭載した「リラックス」です。

 ちなみに、予約サイト「WILLER TRAVEL」では開設記念として、8月末の出発便まで運賃880円の「のと里山割」も設定されています(売り切れ次第終了)。

【了】

【能登発着は1往復、東京は?】ダイヤや車両の詳細 画像で見る

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント