ヤマハ「電動キックボード対抗馬」市販直前モデル登場 発表から5年 新モビリティどう売る?

2023年に市場投入を目指すヤマハの新モビリティ「トリタウン」の市販直前モデルが公開されました。その場所は、必ずしもモビリティとは関係しない、イベント関係者が集う展示会場。ここにヤマハの市場戦略が見えてきます。

市場投入を目指し、耐久性、操作性を向上

 2022年6月29日、東京ビッグサイトで開催された「イベント総合EXPO」で、ヤマハ発動機の「トリタウン」(TRITOWN)が展示されました。

Large 220630 tri 01
ヤマハ「トリタウン」乗車イメージ(画像:ヤマハ発動機)。

 トリタウンはヤマハが2023年に市場投入を目指す立ち乗りタイプの3輪(前2+後1輪)電動モビリティです。電動キックボードにも似ていますが、乗り味はまったく別。スキーに似た体重移動でひらりと方向を変えることのできるのに安定感がある。乗って楽しい新しいモビリティです。今回展示されたのは、2019年に実証実験で使われたナンバー取得済み車両と、白黒のカモフラージュ柄に覆われた市販直前モデルの2台。

 一見してわかるのは、同社のバイク「トリシティ125/155」や「NIKEN」でも使われている前2輪の機構「LMW(Leaning Multi Wheel)」の部材強化です。コンセプトモデル→実証実験車→市販直前モデルと進化する過程で、デザインから耐久性重視に軸足を移し、特に市販直前モデルでは前2輪の傾斜(=Leaning)を支持する水平方向の鋳造部材が太く肉厚になっていることがわかります。

 トリタウンの加減速は、同社のスノーモビルや四輪バギー(ATV)で採用される親指でレバーを押し下げて加速する方法。転倒などのアクシデント時に、すぐに指が離れることを考えていますが、市販直前モデルでは、このレバーが大きくなって、より操縦しやくなっています。前照灯も実証実験車より大きめです。

 カモフラ柄で覆われた車体は、実証実験車よりホイール周りを含めてカバーされる面積が増えて、スクーターのような親しみやすさが増すような気がします。

電動キックボードが出回る前から発表されていた

 トリタウンは、世界的なバイクメーカーであり、電動アシスト自転車のパイオニアというパーソナルモビリティの二極を担うヤマハが、そのはざまにある新しいモビリティを模索した結果でした。

「ラストワンマイルを楽しく快適にする」をテーマに、2017年の東京モーターショーでコンセプトモデルを世界初出展。国内で電動キックボードが出回る前に新しいモビリティとしていち早く提案し、2019年には岐阜県のJR高山駅前で公道実証実験を行うなど各地でテスト走行を繰り返し、市場投入のチャンスを伺っていました。しかし、その後は新型コロナ禍の影響もあり目立った動きがないままとなっていました。

【これが「市販直前モデル」】立ち乗り3輪「トリタウン」 写真で見る

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント