ANA「空飛ぶウミガメのバス」も復活 ホノルルの2大繁華街をノンストップ 便利しかも静か!

こりゃ便利ですわ~!

ワイキキ~アラモアナ12分

 ANA(全日空)が2022年7月から、ハワイ・ホノルルのワイキキ~アラモアナを結ぶANA電気バス「ANA エクスプレスバス」の運行を再開しています。これは、同社が保有する超大型旅客機、エアバスA380「フライングホヌ(FLYING HONU。“空飛ぶウミガメ”を意味する)」のホノルル線定期便運航再開にあわせたものです。

Large 01

拡大画像

運行再開された「ANA エクスプレスバス」(乗りものニュース編集部撮影)。

「ANA エクスプレスバス」は2019年4月に航空会社としてハワイで初めて導入した、静かで環境負荷も少ない電気バスといいます。31席が設置されています。

 このバスは、ホノルルの繁華街であるワイキキとアラモアナ間をノンストップ、片道約12分で運行します。また、毎週土曜日の午前中に限り、カカアコファーマーズマーケット開催にあわせた新規ルートも設定。前者は30分間隔で、後者は45分間隔で運行されます。なおこのバスは、ANA便で東京~ホノルルの往復航空券を購入したANAマイレージクラブ会員であれば、無料で利用できるとのことです。

 なお、ANAでは「フライングホヌ」の運航再開にあわせ、「ANA エクスプレスバス」の復活を含め、ホノルル線で多種の取り組みを展開しているとのこと。同社は「減額マイルキャンペーンや、ハワイ旅行商品もご用意しております。この夏は、ANAの翼でハワイをお楽しみください」としてます。

【了】

【アトラクション感!】「ANA エクスプレスバス」の車内

最新記事

コメント