新幹線の地震対策、一気に進む? 秘密兵器「電柱建替用車両」完成 効率性が格段に向上

なんかスゴイの出てきたぞ!

新幹線の電柱取替えが格段にスピードアップ

 JR東日本は2022年7月5日(火)、新幹線の地震対策をスピードアップすべく「電柱建替用車両」を完成させたと発表しました。

Large 220705 pole 01

拡大画像

電柱建替用車両(画像:JR東日本)。

 電柱の建替えに必要な装置を4両編成の車両に凝縮し、線路上で建替え作業を行うことができます。これまでは高架下にクレーン車を設置して作業していたため、手続きや作業準備に時間を要していたそう。

 4両の内訳は次の通りです。

・電柱用高所作業車:バケットを使って電線や電車線金具類の取付け・取外し作業を行う。

・装柱作業車:電柱に設備されているトロリ線などを支持している金具を仮受する。

・電柱建植車:クレーンを用いてコンクリート製電柱を引き抜き、鋼管柱を建植する。

・電柱運搬車:新設する鋼管柱と撤去したコンクリート製電柱を運搬。

 JR東日本はこの電柱建替用車両を、今後さらに3両編成増備する予定。「本車両を活用して新幹線高架橋上のコンクリート製電柱を鋼管柱に建て替える」としており、地震対策を推進する構えです。

※誤字を修正しました(7月10日19時20分)。

【了】

【これは早いぞ~】「電柱建替用車両」作業の流れ

最新記事

コメント