線路走っていけばいいのに… 鉄道車両なぜトレーラー輸送? 「線路未接続」以外のワケ

鉄道車両を、トレーラーに載せ道路で運ぶことを「陸送」といいます。手続き面や安全面などで大変なのですが、なぜ線路を走らず、わざわざそのような方法をとるのでしょうか。線路がつながっていない以外にも、様々な理由がありました。

新型車両を運ぶ手段 「甲種輸送」と「陸送」

 日本には、鉄道車両を製造する車両メーカーが数多く存在します。

 完成した車両は、車両メーカーから鉄道会社に引き渡すため、鉄道会社が指定する車両基地などまで輸送されます。多くの車両メーカーは、最寄りの鉄道路線と線路がつながっており、JR貨物などの機関車が鉄道会社との接続点まで車両をけん引する「甲種輸送」が行われる場合は、多くの鉄道ファンが沿線に集まる光景が見られます。

Large 200417 rikuso 01

拡大画像

山口県下松市内の日立製作所を出発し陸送される、イギリス向けの「クラス800」の先頭車両(2019年7月、草町義和撮影)。

 もうひとつの輸送方法は「陸送」といい、トレーラーに鉄道車両を搭載して、自動車で運ぶというものです。しかし鉄道車両を陸送するのは容易ではありません。

 たとえば在来線車両の車高は4m近く、全長は20mほどありますが、これは法律で規定される、一般公道を通行してよい積載物の制限サイズを超えています。したがって、陸送のルートは走行に支障するものがないかを事前調査の上、特殊車両通行許可を得なくてはなりません。トレーラーの速度も20km/h程度で走る必要があり、輸送する時間帯も綿密に設定する必要があります。

 このように、陸送は手続きから輸送に至るまでの手間、輸送における制限などが多いため、線路を使って車両を輸送したほうが簡単なように見えます。しかし、甲種輸送ではなく陸送を選ぶ鉄道会社は決して少なくありません。陸送を選択する理由にはどんな事情があるのでしょう。

【写真】トレーラーで運ばれていく、懐かしい「0系」新幹線

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

2件のコメント

  1. 阪急だと今は日立製だから船で運んで最終トレーラー輸送でしたっけ。京阪7200系は阪神淡路大震災の絡みでいつもは川重からトレーラーなのに大阪港まで船で運んでそこからトレーラーだったとか。
    新幹線だとJR西日本は福岡なので近車製はもちろん日立製でも船で博多港に運んでたんですかね。

  2. 海上輸送・・