やっぱ似てきた? 日本の次期戦闘機と英「テンペスト」新コンセプト 開発計画“統合”の可能性

イギリスが新戦闘機「テンペスト」の新たなコンセプトモデルを公開。日本の次期戦闘機のイメージと似ているうえに、展示場所は日本ブースの隣でした。両機の開発が統合される可能性はあるのでしょうか。

5年以内に飛ぶ? 新型戦闘機「テンペスト」

 2022年7月18日から23日までロンドンで開催されたファンボロー・エアショーで、イギリスが開発計画を進めている新戦闘機「テンペスト」の新しいコンセプトモデルが公開されました。

Large 220727 tempest 01
イギリスの次世代戦闘機「テンペスト」のイメージ(画像:BAEシステムズ)。

 テンペストの研究開発のため、産業界や研究機関などが参加して結成された「チーム・テンペスト」とイギリス国防省は、ファンボロー・エアショー初日の18日の会見で、テンペストの技術実証機を開発して5年以内に初飛行させると発表しています。

 イギリスは前回、2018年7月に開催されたファンボロー・エアショーで、将来航空戦闘戦略と、その戦略の中核となるテンペストを開発する方針を発表しました。それから4年を経て発表された技術実証機は、チーム・テンペストが行ってきた研究開発の成果を検証するためのものですが、イギリスと日本は次期戦闘機の開発で協力関係にあり、今回の技術実証機は、日本が次期戦闘機の開発を見据えて培ってきた技術を実証するために開発した先進技術実証機「X-2」のテンペスト版と言って差し支えないでしょう。

 テンペストの開発には、できる限り紙の図面を使用せずにコンピュータ上で設計作業を行い、試験も可能な限り現実世界とコンピュータ上の仮想空間を融合させた「XR」(Extended reality)におけるシミュレーションで行う「デジタルエンジニアリング」が用いられています。

 また製造行程の高度な自動化や、最初から3Dプリンターで製造した部品を使用するなど、これまでの開発・製造行程とは一線を画することから、技術実証機では実用機の開発を見据えて、これらの技術の検証も行われる予定です。

【日本の次期戦闘機似?】英「テンペスト」の新コンセプトモデル&エアショーの様子 (写真)

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

2件のコメント

  1. 予算獲得のために防衛相がでっち上げた妄想の基になった計画なので、統合されるのは当然のこと。訳の分からない口出しなどせず、素直に予算だけ渡せば計画はスムーズに進むだろう。既に世界で使用されているSONYや東レなどもあるが、それ以外の日本が出せる技術を使ってもらえるように今から働きかけていくべきだろう。

    • 防衛大臣が予算獲得しようとするのは当然の動きで、なんら批判されるいわれはない。