国内「標高の高い空港」TOP5はどこなのか 離着陸はパイロット目線&乗客目線でどう変わる?

意外とデッカイ空港もありますが、景色見ると「なるほど」となります!

断トツ標高の「松本空港」

 日本には、100弱の空港・飛行場があります。多くの空港は平野部や海岸近くにあることが多い印象ですが、なかには高地に位置するものも。日本で高い場所にある空港はどこで、どれくらいの高さにあるのでしょうか。

Large 01
松本空港(乗りものニュース編集部撮影)。

 日本で航空会社が定期便を運航している空港のなかで、もっとも高い場所にあるのは、長野県の松本空港です。標高657mに位置し、この数値は日本では断トツです。同空港も「日本で一番空に近い空港」をアピールしています。ここには、JAL(日本航空)グループ、そして静岡県に本拠を構えるFDA(フジドリームエアラインズ)が定期便を運航しています。

 それに次ぐのは、福島空港。郡山市から南へ直線距離にして約18km、須賀川市と玉川村にまたがる丘陵地に位置し、その標高は372mです。また、『ウルトラマン』の生みの親である特撮監督、円谷英二氏が須賀川市(旧須賀川町)出身であることにちなんで、空港じゅうにウルトラマンの立像などが飾ってあるのが特徴です。なお、平時の利用者は決して多いとはいえませんが、東日本大震災では救援物資などを運び込む拠点となるなど、重要な役割を果たしたこともあります。

【写真】日本で標高2番目に高い空港、マジ「ウルトラマン空港」だった

最新記事

コメント