「カチューシャ」から「HIMARS」へ 当たらぬゆえ多連装だったはずのロケット砲の系譜

ウクライナ軍とロシア軍で多連装ロケット砲が多用されているのは、前身である旧ソ連軍がそうだったから、といえるでしょう。そしてその旧ソ連軍の多連装ロケット砲といえば「カチューシャ」の名で知られます。

なぜロケット砲はあんなに撃ちまくるの?

 ロシアによるウクライナ侵攻のニュース画像や映像では、ロケット砲の射撃シーンがよく使われています。大きな噴煙を上げて飛翔していくロケット弾は派手で、映像的に「映える」ということもあるとは思いますが、実際のところウクライナ軍もロシア軍もロケット砲を多用しているようです。

Large 220901 kat 01

拡大画像

アメリカがウクライナに供与しているHIMARSの、射撃の様子(画像:アメリカ陸軍)。

 そうしたなか、アメリカがウクライナに供与している「HIMARS(ハイマーズ/高機動ロケット砲システム)」は、メディアによく取り上げられています。これまで16基、提供されたといい、ウクライナはその戦果をアピールし、ロシアはこれを4基、破壊したと発表しています。

 この「HIMARS」、「ゲームチェンジャー」などと表現する向きもありますが、新しい兵器ではありません。その名にあるとおり、いわゆるロケット砲に分類されるもので、どちらかといえばレガシーな兵器です。

Large 220901 kat 02

拡大画像

HIMARSを後ろから。6×6のトラックにロケット弾6発の発射機を搭載するという構造(画像:アメリカ陸軍)。

「ロケット砲」は砲弾に推進力があり発射時の反動が少ないので、火薬の爆発力で砲弾を飛ばす大砲より構造が簡単で作り易く安価ということが特徴です。また、比較的簡単に射程を伸ばすこともできます。

 その代わりロケット弾は無誘導で風などの影響を受けやすく大砲より命中精度は低いので、「下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる」といわんばかりに一斉射撃するのが一般的な運用です。

Large 220901 kat 03

拡大画像

HIMARSの射撃制御パネル(画像:アメリカ陸軍)。

 ウクライナとロシアでロケット砲が多用されている理由のひとつは、両軍がロケット砲を重視する旧ソ連軍型装備であるということです。ルーツは第2次世界大戦に登場した「カチューシャ」という多連装ロケット砲まで遡ります。

【画像】「数撃ちゃ当たる」を文字通り実行する「カチューシャ」の様子 ほか

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. HIMARSの利点は、40秒で全弾発射して即逃げられることであり、イージスのような自動捕捉発射システムがあったとしても、逃げる方が速いです。
    HIMARSを潰すには、追尾誘導弾を使うしかなく、ロシアはこの種類の装備の数が少ないだけでなく、精度が悪く当たりません。
    ロシアがHIMARS撃破の発表をした後に、米国が提供台数全ての稼働を確認しており、ロシアによる撃破数は皆無となります。
    ロシアの嘘を検証無しに堂々と発表してはいけません。