「やられたらやりかえす!」強すぎソ連戦車に倍返ししたドイツの間に合わせ兵器とは

「タイガー」「キングタイガー」「パンター」など名だたる戦車をいくつも開発したドイツは、戦車大国のイメージが強いかもしれませんが、第2次大戦では強力なソ連戦車に悩まされたことも。それを救ったのは急ごしらえの対戦車車両でした。

ドイツ戦車の進撃を阻む強敵 ソ連戦車2大強雄T-34とKVの登場

 第2次世界大戦当時のドイツ戦車部隊というと、大戦初期は「III号戦車」や「IV号戦車」を装備し、大戦後半になると「パンター」戦車や「ティーガー(タイガー)」戦車、そして最後は「ティーガーII(キングタイガー)」戦車で戦った、そんなイメージがあるかもしれません。

 表向きは優秀な国産戦車を多数保有する戦車大国。しかし実際のドイツは終始、自軍戦車の不足に悩まされていたのが実態でした。そこで、大戦勃発前からドイツは国産戦車の不足を穴埋めするため、併合したチェコのLTvz.35やLTvz.38といった戦車を、35(t)戦車や38(t)戦車として自軍で運用、戦力の不足は機甲戦術を巧みに駆使することで補い、ポーランドやフランスなど、隣接するほかの陸軍大国を打ち負かしていたのです。

Large 201224 marder 01

拡大画像

1942年8月、東部戦線で戦う「マルダーIII」対戦車自走砲(画像:ドイツ国立公文書館)。

 ところが1941年6月22日、ドイツがソ戦に攻め入り、いわゆる「独ソ戦」が始まると、ドイツ戦車部隊に強力な「壁」が立ち塞がりました。当時、ソ連軍が装備し始めていたT-34中戦車やKV重戦車は、どちらもドイツ軍最強のIV号戦車(短砲身型)より強かったのです。これは通称「T-34ショック」とか「KVショック」と呼ばれますが、歴戦のドイツ戦車兵たちは、性能で劣るドイツ製戦車を優れたテクニックや戦術を駆使して運用することで、なんとか劣勢をしのぎました。

 しかし、性能のギャップは急いで埋めねばなりません。こうして、ドイツ軍のなりふり構わぬ対T-34中戦車、対KV重戦車の動きが始まりました。とはいえ新型戦車や、強力な新対戦車砲(戦車砲)は、一朝一夕には造れません。そこで、ある緊急手段が考えられます。

【写真】ドイツ最強の対戦車砲「マルダーIII」のベース チェコ製38(t)戦車

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント