磐越西線 全線復旧は「2023年春」大雨で橋梁倒壊 代行バス運行中

復旧に向け工事が進められています。

喜多方~野沢が長期運休中

Large 12134
磐越西線の非電化区間を走るキハ110系(乗りものニュース編集部撮影)。

 JR東日本は2022年9月29日(木)、8月初旬の大雨で被災し長期運休となっている磐越西線の喜多方~野沢間について、復旧時期を2023年春と発表しました。

 8月3日からの大雨の影響で、喜多方~山都間にある濁川橋梁が倒壊。この駅間の復旧にはかなりの時間がかかる見込みとして、長らく復旧時期が発表されていませんでした。

 いっぽうで山都~野沢間では比較的大きな損傷はなく、設備確認が完了したことから、復旧に向けてまずは1往復のみ、列車運転を再開しています。

 現在、橋の再建に向け、重機が入れるように作業ヤードの盛土が行われているところです。

【了】

【不通区間と臨時ダイヤと被害状況】

最新記事

コメント