成田空港ターミナル統合構想で再燃? かつての“エアライン引っ越し騒動”その紆余曲折とは

3つのターミナルの「ワンターミナル化」構想を公表するなど、変化のときを迎えつつある成田空港。実はかつて、ターミナルをどう使うかをめぐり、空港内に緊張感が漂ったことがあります。

かつてはANA・JALともに「第2ターミナル」使用

 NAA(成田国際空港株式会社)は2022年9月、利便性向上のため成田空港の3つある旅客ターミナルを1つにする「ワンターミナル」の方針を明らかにしました。もし実現した場合、航空会社ごとにターミナルをどう使い分けるのか、これから議論も進んでいくことでしょう。

 実はいまから20年ほど前、まだ第3旅客ターミナルのない頃、第1、2旅客ターミナルを使う航空会社の再配置を巡り、当時公団だったNAAと航空会社の間でちょっとした緊張がありました。

Large 01

拡大画像

成田空港(乗りものニュース編集部撮影)。

 航空会社の再配置にNAAが乗り出したのは、2000年でした。前年にANA(全日空)が世界的な航空連合「スターアライアンス」に加盟し、念願だった2本目の平行滑走路も、2002年の供用を目指し建設中でした。

 世界のさまざまな航空会社とコードシェア(共同運航)を行い、マイレージサービスやラウンジサービスなどの提供を連携できる航空連合に加盟したとはいえ、当時、ANAは第2旅客ターミナルを使い、同じアライアンスを組むユナイテッド航空は第1ターミナルに入居していました。

 ANAとユナイテッドはあくまで一例ですが、当時、旅客便の4割近くは共同運航便で、その共同運航便のうち6割以上が異なるターミナルに乗り入れていました。そのため、旅客が迷わないか、間違ってしまわないかといった心配の声が大きくなったのです。

 加えて、当時の成田空港の年間空港利用者数の6割が第2ターミナルを使っているなど、利用率にも偏りが。もし再配置をしなければ、ターミナル間の旅客数の差は将来1.5倍に広がるとされてもいました。――このような将来を鑑み、2000年は再配置へアクションを起こす時だったのです。

【航空写真】確かに全く形状違う…成田空港のT1&T2を上から見比べ

最新記事

コメント