“顔”変えました ホンダ「フィット」改良 走りの「RS」も復活!

RS楽しそうです!

プチ整形で逆襲なるか「フィット」

 ホンダが2022年10月7日(金)にコンパクトカー「フィット」のマイナーチェンジモデルを発売します。

Large 221006 fit 01

拡大画像

改良フィット LUXE(画像:ホンダ)。

 今回は、BASIC・HOME・LUXE・CROSSTARの4タイプに加え、走り重視の「RS」を追加し5タイプから選べるようになります。RSは先代フィット以来、3年ぶりの復活です。

 外観も変化、フロントノーズをすっきり見えるように形状を変更、アッパーグリルの位置を上げるなどして、端正なデザインに。CROSSTARは、ガーニッシュをシルバー色にするなどしてクロスオーバーらしさを強調したデザインとしました。RSにはさらに、前後バンパー、リアスポイラーなどを採用しています。

 ハイブリッドシステム「e:HEV(イーエイチイーブイ)」は、モーター出力のアップとともに、アクセルの応答性も向上するとのこと。ガソリン車については、全タイプに新たに1.5L DOHC i-VTECエンジンとしました。RSのe:HEVには、減速セレクター、ドライブモードスイッチなども専用装備もあります。

 価格は、ガソリン車が159万2800円、e:HEVが199万7600円(いずれもBASIC)からです。フィットはライバルであるトヨタ「ヤリス」、日産「ノート」などと比べ販売面で苦戦が伝えられています。マイナーチェンジで巻き返せるか注目です。

【了】

【画像で見る】プチ整形?した新しいフィット

最新記事

コメント