いよいよ登場「QRコード乗車券」 在来線~新幹線もスマホかざして通過 まず東北から

自動改札のない駅はどう通過?

QRコード乗車券 JR東日本の東北から導入

 JR東日本は2022年11月8日(火)、QRコードを活用した新たな乗車サービスを2024年度以降、順次開始すると発表しました。

Large 221108 qr 01
自動改札機とスマホ。写真はイメージ(画像:写真AC)。

「えきねっと」で乗車券類を予約・購入する際に「QR 乗車」を選択可能になり、チケット購入後に「えきねっとアプリ」で表示されるQRコードを自動改札機にかざすことで、新幹線も在来線もチケットレスでシームレスに利用できるようになるといいます。

 これにともない、2022年12月から自動改札機の老朽取替えに合わせ、一部にQRリーダーを搭載した新型自動改札を設置するそうです。利用者はスマホのQRコードをこれにかざすことで通過できますが、自動改札のない駅では、利用者自身がアプリ上で利用開始・終了の処理を行う方法を検討しているということです。

 サービスは2024年度下期から、まず東北エリアで導入し、JR東日本の全線(BRT除く)へ拡大する予定だといいます。

 JR東日本は、「より多くのみなさまにチケットレスで鉄道をご利用いただける今回のサービス導入を通して、JR東日本は便利で快適な駅の新しいご利用スタイルを提案します」としています。

【了】

【おお具体的!】QRコード乗車券の利用イメージ(画像)

最新記事

コメント