津波被害の救助の前に“毒ガス検知”ナゼ? 全国の消防が集結 過去最大の合同訓練超リアルだった!

7年ぶり6回目となる「緊急消防援助隊全国合同訓練」が静岡県で実施されました。この訓練は全都道府県から集まった消防隊がワンチームで災害対処訓練を行うというもの。今回は過去最大規模で初の試みもあったようです。

静岡で17年ぶり2度目の開催

 2022年11月12日と13日、静岡県において「第6回緊急消防援助隊全国合同訓練」が行われました。

 これは、1995(平成7)年に発生した阪神・淡路大震災を契機として創設された緊急消防援助隊、通称「緊援隊(または緊消隊)」の消火や救助技術、そして指揮や連携活動などの能力を向上させるため、おおむね5年に1度のペースで行われている大規模な実動訓練です。とはいえ、新型コロナの影響などから実施が延期されたことで、前回(第5回)から7年空いての開催となりました。

Large 221114 kinentai 00

拡大画像

静岡県で開催された「第6回緊急消防援助隊全国合同訓練」の様子(武若雅哉撮影)。

 6回目となった今大会は、発生が危惧されている南海トラフ地震を想定した内容で、静岡県内で開催されるのは2005(平成17)年以来17年ぶり2回目とのこと。すべての都道府県から約700隊、計3000人超の隊員が参加したほか、消防団や警察、自衛隊、海上保安庁、そしてDMAT(災害派遣医療チーム)などの機関も参加するなど、過去最大の規模で実施されました。

 また、今回は土砂災害や風水害の機動支援を行う消防部隊や、化学剤や生物剤、放射能汚染といったNBC災害に対応した特殊部隊なども多く参加していたのが特徴です。

 なぜ、全国の消防機関が1か所に集まってこれだけ大規模な訓練を行う必要があるのか。それは近年多発する自然災害に対して、いかに迅速に行動することができるか、どれだけの部隊を一斉に投入できるのか、投入された部隊をいかにして効率的に稼働させ、迅速な人命救助に繋げるのか、こういった点を演練し、問題の洗い出しを行うのが目的だからです。

 ほかにも、今大会では会場に訪れることができない市民にも消防の救助活動を知ってもらえるよう、消防の全国訓練では初となるYouTubeでのライブ配信が行われるなど、新たな取り組みも行われていました。

 まず12日のサブ会場となった遠州灘海浜公園では、想定上の津波被害にあった静岡県磐田市を舞台にした訓練が行われました。その内容は救助だけではなく、化学系の部隊まで投入され、かなり臨場感のあるものでした。

【ミキサー車や8輪バギーも!?】自衛隊や国土交通省も参加した緊援隊訓練の様子

最新記事

コメント