今度は南東北に観光列車「SATONO」誕生 「リゾートあすなろ」を改造し24年春デビュー

「ひなび」に続きます。

読みは「さとの」

Large 220127 melody 01
ディーゼルハイブリット車両「リゾートあすなろ」。「SATONO」はこれを改造するという(画像:JR東日本)。

 JR東日本 東北本部は2022年11月24日(木)、新しい観光列車「SATONO(さとの)」を2024年春ごろから運行すると発表しました。宮城県、山形県、福島県を中心に走ります。

 車両は2両編成のHB-E300系ディーゼルハイブリット車両「リゾートあすなろ」を改造。車体は緑色と青色をベースとしたカラーリングです。緑系は草木の芽吹く様子や深い山々、田畑の実りを、青系は川の流れや大空、深い海をそれぞれ表現しています。

 内装は、1号車に4人掛けボックスシートと2人掛けボックスシート、1人掛けシングルシートを、2号車にリクライニングシートをそれぞれ配置。座席定員は2両で計59人です。指定席料金や車内サービスなどの詳細は決まり次第告知されます。

「SATONO」は「車窓から眺める郷(さと)の景色。降り立った瞬間の郷(さと)の香り。」をコンセプトに、「郷の人・食・文化、ここで出会うひとつひとつが、まるでふるさとのように懐かしくて温かく、ゆっくりとのんびりと、東北の豊かな風土を味わいながら列車旅を楽しんでいただきたい」という想いが込められています。

【了】

【イメージ図】「SATONO」とは

最新記事

コメント