台風で倒されたバス停 人為的にやられた可能性も

台風で倒れているバス停、その犯人は人間?

 バス停は歩行者やバスを待つ乗客に近接して設置されるので、簡単に倒れては危険です。そのため土台のコンクリートは数十kgあり、軽く揺さぶった程度では倒れません。

 しかしながら、台風の暴風は大人が立っていられないほどの力を持っている場合があります。そのためバス停が風にあおられ倒れる危険性が考えられることから、近くにガードレールや街路樹がある場合、それとバス停をロープで結んでいます。

 ですが、周囲にバス停と結ぶものがない場合はどうするのでしょうか?

 この場合、「あらかじめ倒す」という判断をすることがあります。台風が通過する前に、バス営業所の係員がバス停の見周りを実施。その際、バス停が倒れたら周囲の人に怪我をさせたり、建築物を破損させるおそれがある場合、あらかじめ人力でそのバス停を地面に寝かせておくことがあるのです。

 テレビの台風実況で律儀に道路と平行に倒れているバス停を映して、「この強風でバス停までも倒されてしまっています」と報道されることがありますが、実際にはバス営業所の判断で安全のためあらかじめバス停を倒していた、なんてことが多々あります。

 とはいっても、中には本当に暴風がきっかけで倒れたり、台風ではない日にも何らかの理由で倒れていることがあり得ます。

 そんなとき、親切心から直しておこうかなと思う人も少なくないと思います。しかしこうしたときは直すのではなく、その旨をバス営業所やバスの運転士に伝えるほうが良いでしょう。バス停は重量があるため思わぬケガをすることがありますし、親切心はありがたいとはいえ、なにか起きてしまったら結果的に面倒なことになる可能性が考えられるからです。

 バスの安全運行は車両だけではなく、このようにバス停などの施設にも細かく気を配ることで成り立っているんですね。

【了】

この記事の写真一覧

Writer: 海老塚 土史木(バス交通文化愛好家)

幼少期にバスの方向幕へ興味を持ってから、バス部品収集、乗りバス、撮りバスなどに明け暮れる。鉄道模型収集や、鉄道・バス車両の第二の車生めぐりを絡めた旧道探索も趣味。鉄道模型雑誌の編集部でバス企画の編集を経験して以降、記事執筆やバス貸切企画、座談会などを通してバス趣味の楽しさを共有する活動を行っている。

最新記事

コメント