進むおおさか東線の整備 非利用者にもあるそのメリット

新大阪駅の大改造も順次進行し、全線開業の日が着実に迫っているおおさか東線。この路線が完成すると、その利用者以外にもメリットがあるといいます。

大改造が続く新大阪在来線ホーム

 現在整備が進められている、JR西日本おおさか東線の新大阪~放出間。2018年度を予定しているその開業が、少しずつ近づいています。

 2015年1月18日(日)、新大阪駅のホームが一部変更されることになりました。これはおおさか東線を迎えるため、同駅で2012年から行われているホーム増設工事の影響です。今回の変更では、JR京都線(東海道本線)京都方面への列車が発着する13、14番のりばが、現在の「2号ホーム」から京都方面を向いてひとつ右側の「3号ホーム」へ移ります。

2015年1月18日から「2号ホーム」から「3号ホーム」へ移る新大阪駅の13、14番のりば(画像:JR西日本)。

 おおさか東線関連の工事が始まるまで、新大阪駅には4面8線の在来線ホームがありました。それが工事で5面10線となり、京都方面を向いて一番左側、現在は関空特急「はるか」などが発着している「1号ホーム」へ、おおさか東線の列車も発着するようになります。「面」とはホーム、「線」は線路のことです。2本の線路で挟まれたホームが現在、新大阪駅には4つあるため、「4面8線」と表します。

この記事の写真一覧

  • 20141228_osakami1
  • 20141228_osakami2
1 2

関連記事

最新記事

コメント