クルマの自動運転 立ちはだかる「責任」の壁

クルマの自動運転は便利になるほか、事故や渋滞を減らせる可能性もあり、今後の実現が待望されている技術です。しかしその前に解決せねばならない、技術面以外の壁があります。「責任の所在」です。

顕在化するスマートフォンの弊害

 2014年10月の早朝、名神高速道路で大きな事故が発生。高速道路に備え付けのカメラが事故の一部始終を記録しており、TVで放映されました。岐阜県羽島市で大型トラックが渋滞の列に突っ込み、乗用車数台が炎上したのです。


 その映像を見ると、トラック運転手の居眠りか脇見運転が原因と思われました。重量のあるトラックが乗用車へ衝突したときに与えるエネルギーは膨大です。どんな頑丈なクルマでも、トラックには勝てません。しかし映像を見ていてゾッとしたのは、衝突後わずか10秒ほどで乗用車が燃え始めたことです。乗用車の後部には燃料タンクがあり、それが潰れてガソリンに引火したのです。


 トラックと乗用車が絡む事故は世界各地で起きていますが、2010年にアメリカ・ダラス近郊のフリーウェイで起きた事故も悲惨でした。


 事故はゆるい右カーブの先で発生しました。走行していたトレーラーの右フロントタイヤへ隣のレーンの乗用車がぶつかり、その勢いでトラックは中央分離帯を乗り越えて横転。対向車線を走っていた多くの方が亡くなりました。


 事故の原因は乗用車ドライバーの不注意ですが、居眠りか脇見、またスマートフォンが原因ではないかと分析されました。いまアメリカではティーン・エイジャーの交通事故が急増しており、多くのケースで運転中にスマートフォンなどを使っていたことがわかっています。スマートフォン時代の弊害がいま、起きているのです。


 このふたつの事故は単純なドライバーの不注意ですが、自動車先進国に限らず、交通事故の90%以上はヒューマン・エラーが原因といわれています。もしそうなら、道具としての「クルマ」はまだ未完成な乗りものなのかもしれません。

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. 解決方法は簡単なんだよ。「運転に責任を持つ法人」を設立して、そこが形式的に「遠隔操作している」と言うことにすれば責任はその「遠隔操作センター」が引き受ける事ができる。

    むろん、実際には遠隔操作と言うよりは遠隔監視程度の業務で、99%以上の操作は自動運転と言うことになる

  2. スマホ連動自動運転が販売されてます
    全て運転者の自己責任になります