大江戸線に新車登場 ホームドアを意識したデザイン

4月6日から大江戸線に新車が登場します。快適性が向上しているほか、ホームドアを考慮したデザインになっている点も、現在の新型車両らしいところです。

1日平均85万人以上が利用する大江戸線

 2015年3月30日(月)、都営地下鉄は大江戸線に4月6日(月)から新車を投入すると発表しました。同線が1991(平成3)年に開業して以来、25年間使用されてきた12-000形の1次車、2次車が更新時期を迎え、その置き換えのため導入されます。

新車12-600形2次車と、液晶モニタを使った車内表示器(画像:都営地下鉄)。

 新車は12-600形の2次車と呼ばれるもので、まず2編成を導入。こののち2016年6月までに6編成を置き換える予定といいます。大江戸線への新車投入は3年ぶりです。

 今回登場する新車の特徴としてまず、路線カラーを車体上部に大きく配色していることが挙げられます。ホームドア越しでも新車両と分かりやすくするためです。ちなみに山手線で2015年秋から導入される予定のE235系車両でも、黄緑色のラインを従来のように車体側面へ水平に入れるとホームドアで見づらくなることから、垂直に配置しています。

 このほか新車では行先表示器がフルカラー表示になったほか、車内のドア付近に液晶モニタを2画面配置。遮音性も高められているほか、荷物棚の位置は利用しやすいよう低くされています。

【了】

この記事の写真一覧

  • 20150330_ooedkosen_01

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 新車を入れる分、旧来車両を廃車とせず、勝どき駅のピーク時間帯に増便することが望まれます。
    http://gendai.ismedia.jp/articles/-/42290