西武特急にチャイナエアラインCAが搭乗 「台湾デー」に合わせ

西武鉄道が、埼玉西武ライオンズ対千葉ロッテマリーンズ戦の「台湾デー」に合わせ臨時運行する特急「スタジアムエクスプレス」に、チャイナエアラインの客室乗務員を「搭乗」させます。

台湾の客室乗務員が電車の車内放送を

 2015年4月11日(土)と12日(日)、西武プリンスドームの埼玉西武ライオンズ対千葉ロッテマリーンズ戦で「台湾デー」が開催されます。台湾観光局協力のもと、伝統芸能のお披露目や台湾物産のプレゼント抽選会などが行われ、埼玉西武ライオンズによると「西武プリンスドームを台湾ムード一色に染め上げる」そうです。

チャイナドレス風のチャイナエアライン客室乗務員制服(画像提供:西武鉄道)。

 これに合わせて西武鉄道は、両日に臨時運行される特急「スタジアムエクスプレス」に、チャイナエアラインの客室乗務員を「搭乗」させると発表しました。チャイナエアラインは台湾(中華民国)を代表する航空会社です。

 対象列車は4月11日と12日に運転される池袋発12時8分、所沢発12時33分、西武球場前着12時45分の「ドーム81号」と、西武球場前発16時32分、所沢発16時42分、池袋着17時10分の「ドーム82号」。チャイナエアラインの客室乗務員が車内アナウンスを行うほか、池袋行きの「ドーム82号」ではチャイナエアラインのノベルティ配布も行われます。

 埼玉西武ライオンズには今年から台湾出身の郭俊麟投手、そして中華職業棒球大聯盟で2014年最多セーブのタイトルを獲得したミゲル・メヒア投手が新加入。また西武ホールディングスと台湾鉄路管理局、いわば台湾の国鉄が今年3月、「包括的事業連携に関する友好協定」に調印するなど、西武グループと台湾の関係が強まっています。

【了】

この記事の写真一覧

  • 20150403_seibu_01

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. なお、相手のマリーンズも陳冠宇くんも、おわすれなくお願いします