日本初開催「レッドブル・エアレース」 その楽しみ方とは?

5月16日と17日に千葉市で開催される、飛行機を使った「レッドブル・エアレース」。日本では初開催のため、なじみが薄いかもしれません。「世界最速のモータースポーツ」と呼ばれるこのレース、どんなところがスゴく、またどこに注目すると、それをより楽しめるのでしょうか。日本人選手も参戦しており、その活躍も期待されます。

空中を行く「世界最速のモータースポーツ」

 今週末(5月16日・17日)、千葉市の幕張海浜公園において「レッドブル・エアレース千葉 2015」が開催されます。

エアゲートで示されるレーストラックを巧みに通過していく唯一の日本人パイロット、室屋義秀選手(写真:Andreas Langreiter / Red Bull Content Pool)。

「レッドブル・エアレース」とは、海上ないし地上に設けられた円筒形エアゲートによって示されるレーストラックを、飛行機によって通過。その所要時間によってパイロット間の順位を競うもので、「世界最速のモータースポーツ」とも呼ばれます。日本での開催は今回が初めてです。

 実際にどの程度、速度が出ているのでしょうか。レースに参加する唯一の日本人パイロット、室屋義秀選手の「EDGE 540 V3」は水平対向6気筒340馬力のレシプロエンジンを搭載。機体は空気抵抗を最小にすべく極限まで絞りこまれており、カタログ上では最大425.97km/hを叩き出します。

「レッドブル・エアレース千葉 2015」のレーストラックは比較的細長く直線距離が長いため、スピードが出やすいとみられます。よってこのレースは文字通り「世界最速」を決める戦いとなることに疑いの余地は無いでしょう。

この記事の写真一覧

  • 150516_airrace_03
  • 150516_airrace_02
  • 150516_airrace_01
1 2 3

関連記事

最新記事

コメント