【今日は何の日?】都営・京急・京成が直通開始

都営地下鉄浅草線の大門~泉岳寺間2.6kmが開業し、泉岳寺駅で接続する京急との直通運転が始まりました。

 1968(昭和43)年の6月21日。都営地下鉄浅草線の大門~泉岳寺間2.6kmが開業し、泉岳寺駅で接続する京急との直通運転が始まりました。

150621 asakusasen 01

 また同時に都営浅草線を介し、京成~都営地下鉄~京急での直通運転もスタート。現在に至る「三社局直通」がこの日、実現しています。ちなみに、京成と都営浅草線との直通運転は、1960(昭和35)年12月4日から行われていました。

【了】

この記事の写真一覧

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 補足ですが、京急側は都営浅草線(当時は一号線)乗り入れに先立ち、1968.06.15付けでダイヤが改正されてます。この時は大門まで京急車両(旧1000形)が入っていた記述か、鉄道ピクトリアルの京急特集にあるのを記憶してます『大門』の行先幕も掲載してました。この日から列車番号(←列車の名前)が

    下り線(羽田空港国内線ターミナル・京急川崎・新逗子・浦賀・三崎口方面)=偶数

    上り線(泉岳寺・小島新田方面)=奇数

    と、先に乗り入れた京成側に併せる形を取ったのでしょう。東京時刻表を見ると面白いですよ(^^ゞ。