「お化け屋敷列車」運行 オバケとの交流会も 北越急行

北越急行が8月8日、「お化け屋敷列車」を運行。「ホックン」の救出ミッションが行われます。

最後にオバケと交流会

 北越急行は共立観光と共同で2015年8月8日(土)、「お化け屋敷列車」を運転します。

「ぼくらの夏休み救出大作戦!」と題されたイベントで、その往路「お化け屋敷列車」内で北越急行ほくほく線のイメージキャラクター「ホックン」を救出。復路では、その沿線で現在開催されている「大地の芸術祭」を鑑賞したのち、列車内でオバケとの交流会を実施するといいます。

「お化け屋敷列車」乗車には事前申し込みが必要(画像出典:共立観光)。

「お化け屋敷列車」は六日町を9時54発に発車し、虫川大杉駅で折り返し。まつだい駅で一度下車して昼と「大地の芸術祭」鑑賞ののち、六日町駅へ13時43分に到着します。

 この列車は臨時貸切専用列車のため、乗車には共立観光のウェブサイトなどから事前の申込みが必要とのこと。参加費は中学生以上3700円、小学生2900円、小学生未満500円で、60人が募集されます(小学生未満は昼食代含まず)。

 北越急行によると、「お化け屋敷列車」運行は2回目だそうです。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント