阪神梅田側トンネル内で携帯電話通信が可能に 2016年秋には全線で

地下トンネル内における携帯電話通信環境の整備を進めている阪神電鉄。8月28日から本線の梅田側地下トンネル内で、携帯電話通信が可能になります。

神戸側は2016年秋頃に

 阪神電鉄は2015年8月28日(金)より、梅田駅から福島駅の西側まで約1.6kmの地下トンネル区間において携帯電話通信を可能にすると発表しました。

150827 hanshin 01
阪神電鉄の地下トンネル区間における、携帯電話通信の整備状況(画像出典:阪神電鉄)。

 同社は現在、地下トンネル区間における携帯電話通信環境の整備を進めており、今年3月31日には、阪神なんば線の西九条~大阪難波間約2.9kmでサービスを開始しています。


 また現在、神戸市内の地下トンネル区間(岩屋~西代、約8.3km)では携帯電話通信が行えませんが、2016年秋頃に環境を整備。阪神電鉄の全線で携帯電話サービスが利用可能になる予定です。


 阪神電鉄は「優先座席付近では、混雑時には携帯電話の電源をお切りいただくよう、また、車内での携帯電話による通話につきましても、周りのお客さまのご迷惑になりますのでご遠慮いただくよう、引き続きご協力をお願いします」としています。


【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント