関西交通系ICカード戦国時代へ? どうなる「PiTaPa」

関西私鉄が中心となった「スルッとKANSAI」の磁気カード乗車券が廃止され、後継に「スルッとKANSAI」の新ICカード乗車券が発行される見通しだと伝えられました。しかしすでに「スルッとKANSAI」のICカード乗車券「PiTaPa」が存在しています。どういうことなのでしょうか。

磁気カードからICカード

 2014年10月7日(火)、「スルッとKANSAI」の磁気カード乗車券が廃止される見通しだと読売新聞が報じました。

 「スルッとKANSAI」とは、簡単に言えば関西の私鉄を中心とした59の鉄道バス事業者によって構成された共通乗車システムとその協議会、管理会社のこと。その共通乗車システム「スルッとKANSAI」に加盟する鉄道・バス事業者には、共通して使えるプリペイド式の磁気カード乗車券があり、それが廃止される見通しだということです。

「スルッとKANSAI」の公式キャラクターで、その磁気カード乗車券によく描かれている「スルットちゃん」(右上)。彼女の行く末も心配される。

 その共通乗車できる磁気カード乗車券自体を「スルッとKANSAI」「スルKAN」などと呼ぶこともありますが、細かく言えば阪急では「ラガールカード」、阪神では「らくやんカード」、南海では「コンパスカード」、大阪市交通局では「レインボーカード」といったように、発行する会社によって名前が違います。

 近年、こうしたカード式の乗車システムではJR西日本の「ICOCA」やJR東日本の「Suica」など、先にチャージ(入金)して使うプリペイド式ICカード乗車券が主流です。「スルッとKANSAI」の磁気カード乗車券についても廃止されたのち、その後継として新しく「スルッとKANSAI」のプリペイド式ICカード乗車券を発行することが考えられています。

 しかしすでに「スルッとKANSAI」は、「PiTaPa」というICカード乗車券を展開しています。そこでさらに新しいICカード乗車券を出すとは、どういうことでしょうか。

この記事の写真一覧

  • 20141008_3day
1 2 3

関連記事

最新記事

コメント