北陸新幹線E7・W7系、一部座席を荷物置場に改造 外国人、冬季などを考慮

北陸新幹線E7系・W7系の一部座席が撤去され、新たに荷物置場が設けられます。

1D・1E席を撤去して

 JR東日本とJR西日本は2015年9月3日(木)、北陸新幹線のE7系・W7系車両に荷物置場を設けると発表しました。

150903 hokuriku 01
普通車に設けられる荷物置場のイメージ(画像提供:JR西日本)。

 北陸新幹線では来日外国人、また冬季のスキー・スノーボードなど、大きな荷物を所持した乗客が増えていることから、新たに一部車両へ荷物置場を設けることにしたとのこと。グランクラスの12号車を除く偶数号車で1D・1Eの2人掛け座席を撤去し、荷物置場が設置されます。11号車のグリーン車デッキスペースにも荷物置場が設けられます。

 荷物置場の設置は10月5日(月)から順次行われ、今年12月下旬までには全車両で作業が終了する予定です。

【了】

この記事の写真一覧

最新記事

コメント