御堂筋線の新大阪駅トイレ、国土交通大臣賞を受賞

駅トイレのリニューアルを進めている大阪市交通局。その御堂筋線新大阪駅の新しいトイレが、「日本トイレ大賞」で「国土交通大臣賞」を受賞しました。

112駅でトイレのリニューアルを進めている大阪市交通局

 大阪市交通局は2015年9月4日(金)、地下鉄御堂筋線新大阪駅のトイレが「日本トイレ大賞」(主催:内閣官房すべての女性が輝く社会づくり推進室)で「国土交通大臣賞」を受賞したと発表しました。鉄道事業者の受賞は同局が唯一です。

150904 osakashi 01
国土交通大臣賞を受賞した御堂筋線新大阪駅のトイレ(画像提供:大阪市交通局)。

 2012年度から2015年度までの4カ年で、今里筋線を除く地下鉄112駅において、各駅1カ所以上のトイレでリニューアルを進めている大阪市交通局。受賞した御堂筋線新大阪駅のトイレは、「自分のお気に入りの場所に帰ってきたようなくつろぎ感」をコンセプトに、2013年4月24日にリニューアルオープンしました。

 リニューアルの特徴は、和式便器の全洋式化、節水型便器の採用、女性トイレへのパウダーコーナー・フィッティングルーム設置、男女トイレそれぞれへのおむつ替え専用コーナー設置、ベビーカーとともに利用できる広めのブース(男女各2カ所)、内外装への観葉植物や自然感素材の採用などが挙げられます。

この記事の写真一覧

最新記事

コメント