「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」第21弾、大阪・堺~三重・鳥羽 もしあのとき、こうしていたら…

9月12日夜に放映された、テレビ東京の人気番組「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」第21弾。その道中、「もし違う選択をしていたら……」という場面がいくつかありました。もしそこで別の決断をした場合、どうなっていたのでしょうか。

南海”だった人気シリーズの第21弾

【この記事には番組のネタバレを含みます】

 テレビ東京の人気番組「ローカル路線バス乗り継ぎの」。女優の高橋ひとみさんを“マドンナ”に迎えたその第21弾が、2015年9月12日(土)に放映されました。

 出発地は大阪府堺市にある南海電鉄の堺で、目的地は紀伊半島の正反対、三重県鳥羽市の鎧崎灯台。ただ今回は旅の途中、紀伊半島最南端で本州最南端でもある潮岬(和歌山県串本町)がチェックポイントに設定され、そこへ立ち寄る必要がありました。

潮岬や熊野本宮大社方面へ路線バスを運行する熊野交通(2014年9月、恵 知仁撮影)。

 結果的には、ルートが非常に“南海(なんかい)”で上手く進まなかった前半の鬱憤を晴らすように、4日目に怒濤の追い上げがありましたが、残念ながら鳥羽市の手前、伊勢市駅前(三重県伊勢市)で接続がなくなり、シリーズ6回目の“失敗”になってしまいました。

 ですがその途中、「もしこのとき、違う選択をしていたら……」というシーンがいくつか存在しています。

 最も大きいのは3日目、紀伊田辺駅前(和歌山県田辺市)です。ここで一行はノンビリコーヒーを飲み、新宮行きのバスを逃してしまいます。

 番組内でも“痛恨のシーン”として描かれていたここで、もし新宮行きのバスに乗れていたら、はたしてどうなっていたのでしょうか。

1 2 3

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント

7件のコメント

  1. とても分かりやすいシミュレーションでした。
    出来ましたら、最悪の想定も付け加えてもらえるとありがたいです。
    田辺駅発白浜行きで高橋さんが運転手さんに声を掛けず
    白浜が近くなった時点で、いつも通り太川さんが運転手さんに先のルートを
    確認する確率もものすごく高かったと思います。
    よく出発前に声を掛けたと関心しましたが、
    声を掛けずに出発した場合の、最速リタイアシナリオも見てみたいです。

  2. 途中7kmも歩くルートがあるけと、
    大丈夫?

  3. 太川さんは山側ルートに見向きもしませんでしたが海側を行こうとする意味はなんだったんでしょうか。

  4. 【1日目】
    堺東839→929光明池941→1030河内長野駅1050→1104新町橋→(徒歩8㎞)→紀見ヶ丘1301→1307林間田園都市駅1318→1330あやの台中央→(徒歩6㎞)→五條駅1507→2019新宮駅
    【2日目】
    新宮駅830→1018潮岬1048→1236新宮駅1247→1339二木島駅→(徒歩9km)→梶賀1655→1739野地町→(徒歩5分)→尾鷲市役所1815→2001栃原→(徒歩2.4km)→注連指口
    【3日目】
    注連指口707→751伊勢市928→1029鳥羽バスセンター1120→1210国崎

    これだと、3日目の午前中に到着できます!

  5. 和歌山市駅の方が開けていると思ったんでしょう。

  6. 熊野交通の勝浦から串本潮岬線の路線バスは、廃止になりました

  7. 畑田~五条病院までの五條市コミュニティバス、1日1往復というのがかなりハードル高いですね。
    ちなみに、橋本から十津川へ抜けるルートの代替案としては
    橋本市役所前→(橋本市コミュニティバス)→隅田→(高野町 富貴・筒香ふれあいタクシー)→富貴→(徒歩約5km)→永谷→(奈良交通 八木新宮特急線)→十津川町役場前
    という手もあります。