自転車そのまま持ち込み可 観光列車「La Malle de Bois」来春登場 JR西日本

JR西日本が2016年春から、岡山県内の瀬戸内地域に新しい観光列車を運行します。「旅行かばん」がモチーフで、車内に自転車も積めるというユニークな列車です。

由来はフランス語で「旅行カバン」

 JR西日本は2015年9月17日(木)、岡山県内の瀬戸内地域に観光列車「La Malle de Bois(ラ・マル・ド・ボァ)」を導入すると発表しました。2016年春からの運行開始を予定しています。

150919 lamalledebois 01
列車は2両編成で、定員は52人(画像出典:JR西日本)。

「La Malle de Bois」とは、フランス語で「旅行かばん(トランク)」という意味。車体デザインのモチーフにもなっています。「期待を膨らませて計画し、旅支度をする特別な時間を楽しむ列車」というのがコンセプトです。車両は、普通列車などで使用されている213系電車を改造して製作されました。

 なお、実際に運行する際の列車名については、たとえば宇野みなと線(宇野線:岡山~宇野)を走るときは「La Malle せとうち(ラ・マル せとうち)」になるなど、目的地や運行路線によって変わることになっています。

自転車積載用のスペースを用意

 自転車と一緒に列車へ乗りたい場合は基本的に、分解して袋に収納しなくてはなりませんが、この「La Malle de Bois」はその必要が無いのが特徴です。自転車を組み立てた状態で積み込める「サイクルスペース」が車内に用意されています。

 またサービスカウンターでは、地域の特産品とコラボしたグッズ、飲料などの販売も行わる予定です。

150919 lamalledebois 02
客室には窓側を向いたカウンター席も(画像出典:JR西日本)。

 JR西日本によるとこの列車の導入目的は、2016年4月から始まる「晴れの国おかやまデスティネーションキャンペーン」をきっかけに、広域的な観光を推進するためとのこと。運行開始から当面は、宇野港周辺などで開催される「瀬戸内国際芸術祭2016」などを念頭に、主として宇野みなと線を走る予定です。

 列車ダイヤや車内サービス詳細については、JR西日本は決まり次第発表するとしています。

【了】

この記事の写真一覧

最新記事

コメント