SLスチーム号がレトロな装いに 来春から京都鉄道博物館で運行

JR西日本が、来春開館の京都鉄道博物館で運行する「SLスチーム号」について発表しました。

定員は2倍以上の208席に

 JR西日本は2015年9月16日(水)、来春開館の京都鉄道博物館(京都市下京区)で運行する「SLスチーム号」について発表を行いました。

「SLスチーム号」は、今年8月30日に閉館した梅小路蒸気機関車館で、本物の蒸気機関車を使い遊覧用に運行されていた列車。梅小路蒸気機関車館の歴史を受け継ぎ、同地へ新たに開館する京都鉄道博物館でも、客車を新しくして引き続き運行されます。

「レトロ」をコンセプトにした新しい「SLスチーム号」客車の外観イメージ(画像提供:JR西日本)。

 京都鉄道博物館で運行される新しい「SLスチーム号」は、客車を「レトロ」をコンセプトにしたものへ一新。けん引する蒸気機関車と同年代に製造され、活躍した客車のイメージを取り入れたといいます。

 車体カラーには「聚楽(じゅらく)ぶどう色」を採用し、京都の歴史や優美さと、人が集まって楽しむ雰囲気を演出。座席には、往年の特急列車のヘッドマーク図柄をモチーフにしたデザインを配置するほか、往年の特急展望車をイメージし、梅小路のシンボルである「梅」をあしらったテールマークを掲出する予定です。なおこの客車は、産学連携の一環で京都造形芸術大学の学生の協力でデザインされています。

 また「数多くの来館者の方々に動くSLを体感していただくため」(JR西日本)、従来の客車と比べて車体の長さと幅を拡大。着席定員がこれまでの80席から208席へと2倍以上に増加し、車いすスペースも2台分増えて4台分となりました。材料の難燃化や、乗務員への非常通報装置の設置など、安全対策も強化されています。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント