【今日は何の日?】叡電「きらら」デビュー

10月4日、叡電に「きらら」がデビューしました。

 1997(平成9)年の10月4日。京都市内を走る叡山電鉄に展望列車「きらら」がデビューしました。

151004 kirara 01
天井近くまである窓に、京都の風景が流れていく「きらら」の車内(2012年4月、恵 知仁撮影)。

 鞍馬や貴船へ向かう叡電。紅葉を楽しみに乗りに来てもらうための車両として登場し、天井近くまで大きく広げられた窓、座席が窓側を向いていることが特徴です。秋には“もみじのトンネル”をくぐり抜けていく叡電。「きらら」の車窓が鮮やかに彩られます。乗車に特別な料金は不要です。

「きらら」の名前は、水晶のようにガラスを多用していること、紅葉のきらめき、沿線の雲母坂などが由来です。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント