高速道路No.1グルメを決定 「SA・PAメニューコンテスト全国大会」初開催

NEXCO東日本・NEXCO中日本・NEXCO西日本が創立10周年を記念し、12月22日に「SA・PAメニューコンテスト全国大会」を開催。158店舗のメニューからグランプリ1品が選ばれます。

高速道路の利用者も投票OK

 NEXCO東日本・NEXCO中日本・NEXCO西日本が2015年12月22日(火)、3社の創立10周年を記念して「SA・PAメニューコンテスト全国大会」を開催します。全国規模のサービスエリア(SA)・パーキングエリア(PA)のメニューコンテストは初めての開催です。

151005 nexco 01
「SA・PAメニューコンテスト全国大会」の告知ポスター(左)と、ブロック大会・調理風景のイメージ(右)。

 このコンテストは、全国のSA・PAのレストランなど158店舗が開発した新規メニューのなかから“高速道路No.1グルメ”を決定するというもの。テーマは「地元の食材を使用し、地域の食文化や魅力があふれるメニュー」です。

 コンテストは10月1日から始められ、まず関西・中四国・九州の各ブロックごとに予選会を実施。高速道路の利用者によるWeb投票、食の専門家などによる実食審査、期間中の売り上げ成績などで評価が行われます。

 このブロック予選を勝ち抜いた12店舗のメニューから12月22日、料理評論家の服部幸應さんを審査委員長とする7人の審査員により、グランプリの1品が決定される予定です。

 エントリーされるメニューはいずれも、旅行の醍醐味である地域の食の文化に触れあうことができ、そのエリアでしか味わうことのできないものとなっており、NEXCO3社では「おでかけの際には是非ご賞味ください」としています。

【了】

この記事の写真一覧

最新記事

コメント