大橋JCTで稲刈り 首都高速が都心に田んぼを作る理由

渋谷からほど近い首都高速の大橋JCT屋上で、稲刈りが行われました。

ジャンクションの上で稲作

 首都高速道路が2015年10月6日(火)、大橋JCTの屋上で小学生を対象に「稲刈り体験」を行いました。

 東京都目黒区にある大橋JCTは、地下トンネルのC2中央環状線と、高架の3号渋谷線をらせん状のループ線で接続するジャンクションです。このジャンクションの上には目黒の原風景を再現した「おおはしの里の杜」という空間があり、首都高速はそのスペースに田んぼを設置。2011年から稲作を行っています。

 今回、稲刈りに参加したのは、目黒区立菅刈小学校の5年生29人。今年6月2日に自分たちで植えた稲を刈り取りました。

151007 ohashi 01
大橋JCTでの稲刈りに参加した目黒区立菅刈小学校の5年生(2015年10月6日、下山光晴撮影)。

 首都高速によると、子どもたちに地域文化や自然とのふれあいを楽しく学んでもらい、自然環境の保全などに目を向けるきっかけにして欲しい、という思いから、この企画を行っているといいます。実施は今年で5回目です。

 この日、首都高速の菅原秀夫社長も稲刈りに参加。「都会で稲作体験はなかなかできないはず。また、稲作でも苗植えから脱穀まで一貫して行うことはあまりないので、子どもたちのいい思い出になると思います」と話しています。

 収穫された稲は11月に脱穀され、12月に「収穫祭」が行われる予定です。

【了】

この記事の写真一覧

Writer: 下山光晴

関連記事

最新記事

コメント