“笑顔”が特徴の「ニュートラム」新車、実物が完成

はるばる新潟から大阪へ、一般道を630km

 新型車両200系は新潟トランシスで製造され、約630kmの道のりを3日間かけて、新潟県から大阪市住之江区の南港検車場まで、夜間に一般道路を使って陸送されました。運ばれた車両は今後、来春のデビューに向けて各種の検査が行われます。

Large 151006 newtram 02
トレーラーで新潟から大阪まで陸送された200系(写真提供:大阪市交通局)。

 大阪市交通局では、2016年度に7編成の200系を投入しますが、外観カラーは編成ごとに異なり、それぞれレッド、イエロー、ピンク、グリーン、パープル、ブルー、オレンジです。また4両編成の車内は2両ずつピンクとグリーンに色分けされ、「楽しい」雰囲気が演出されます。

【了】

この記事の写真一覧

最新記事

コメント