「使徒カレー」などを提供 博多駅に「エヴァ新幹線」カフェ

まもなく山陽新幹線で運行を始める「エヴァンゲリオン新幹線」。そのカフェとショップが博多駅に登場します。

「500 TYPE EVA」運転に合わせ

 山陽新幹線の全線開業40周年、アニメ『エヴァンゲリオン』のTV放送開始から20周年を記念し、JR西日本は2015年11月7日(土)から、500系新幹線を『エヴァ』風にした「500 TYPE EVA」車両を運転します。

 これに合わせて10月9日(金)、JR西日本とジェイアールサービスネット福岡は11月7日より、『エヴァンゲリオン』の世界観を楽しめる「500 TYPE EVA Cafe」と「500 TYPE EVA SHOP」を博多駅に開設すると発表しました。

151009 eva 01
博多駅に設けられる「500 TYPE EVA Cafe」のイメージ(画像提供:JR西日本)。

「500 TYPE EVA Cafe」は、博多駅の新幹線改札内にある喫茶店「カフェ・エスタシオン博多」の一部コーナーで、「使徒カレー」やオリジナル食器を用いたコーヒーといったオリジナルメニューを提供するものです。

「500 TYPE EVA SHOP」は、博多駅ひかり広場のキヨスク売店を、「500 TYPE EVA」オリジナル商品をはじめ、『エヴァ』関連商品を販売する店舗としてリニューアル。福岡限定の「オリジナルキーホルダー」や「オリジナルノート」などが販売されます。

 営業期間は、共に2015年11月7日から2017年3月までの予定。両社は「山陽新幹線のご乗車と合わせて、是非ご利用ください」としています。

【了】

この記事の写真一覧

Writer: 恵 知仁(鉄道ライター)

鉄道ライター、イラストレーター。「鉄道」や「旅」に関する執筆活動や絵本の制作を行っているほか、鉄道車両のデザインにも携わる。子供の頃からの旅鉄&撮り鉄で、日本国内の鉄道はJR・私鉄の全線に乗車済み。完乗駅はJRが稚内で、私鉄が間藤。メインは「鉄道」だが、基本的に「乗りもの」好き。

最新記事

コメント