「進化する毎日。京葉線」 その歴史が刻まれたラッピング列車が登場

京葉線に、開業25周年を記念したラッピング列車が登場。「選ばれ続ける京葉線」を目指す取り組みの一環といいます。

「選ばれ続ける京葉線」実現に向け

 JR東日本が2015年11月2日(月)から2016年3月31日(木)まで、京葉線の全線開業25周年を記念したラッピング列車を運転します。

 このラッピング列車は、1986(昭和61)年の西船橋~千葉みなと間における暫定開業から、今年の全線開業25周年まで、京葉線のおもな出来事を紹介する写真を車両にデザインしたもの。2編成が登場します。

151013 keiyou 01
京葉線の歩みを写真で紹介するラッピング列車(画像出典:JR東日本)。

 JR東日本グループは地域との連携強化を進め、「選ばれる沿線ブランドの確立」を目指しているとのこと。そこで同社の千葉支社では「進化する毎日。京葉線」をコンセプトワードに「京葉ベイサイドラインプロジェクト」を立ち上げ、「選ばれ続ける京葉線」の実現に向け取り組んでいるといいます。今回のラッピング列車は、そのプロジェクトの一環として企画されました。

 京葉線は1986年に西船橋~千葉みなと間で暫定開業したのち、1990(平成2)年に東京~蘇我間の全線が開業しています。

【了】

この記事の写真一覧

最新記事

コメント