東武に青い列車登場 往年の「フライング東上」再現 東上線90周年記念で

東武鉄道が東上線の90周年を記念し、往年の行楽列車「フライング東上」の塗色を再現した列車を運行。運行初日の11月28日には記念ツアーも実施します。

運行初日の11月28日に記念ツアーも

 東武鉄道は2015年11月28日(土)から約1年間、戦後の行楽ブームで運行した「フライング東上」のカラーリングを再現した列車を走らせます。東武東上線の全線開業90周年を記念して行うもので、2編成が濃青に黄帯の懐かしい姿で登場する予定です。

「フライング東上」は、戦後復興が進む昭和20年代初頭に全国的な行楽ブームが高まるなかで企画された列車。ネーミングは、イギリスの特急列車「フライング・スコッツマン号」にあやかったといいます。

 この列車は1967(昭和42)年まで、春と秋に臨時列車として運行され、ハイキングコースや釣り場などの景勝地がある東上線の沿線、さらに東上線終点の寄居駅から先の秩父鉄道沿線の長瀞・外秩父一帯へ行楽やハイキングに向かう人たちに利用されました。

151023 tobu 01
「フライング東上」の塗色が再現される50090型と8000系(画像出典:東武鉄道)。

 今回「フライング東上」の塗色が再現されるのは、池袋~小川町間でおもに座席定員制の「TJライナー」として運行される50090型1編成と、小川町~寄居間および越生線の坂戸~越生間で運行される8000系1編成。いずれも「フライング東上」のものをモチーフにしたヘッドマークが掲出される予定です。

 東武はこの「フライング東上」カラーとなった2編成の列車を使用して、運行初日となる11月28日(日)に「東武東上線全線開通90周年記念ツアー」を実施します。東上線の池袋~小川町間は50090型に、小川町~寄居間は8000系に乗車。車内では東武博物館花上名誉館長による「フライング東上号」にまつわるトークショーが行われます。

 ツアーの募集は450人で、代金は大人9000円、小人8500円(いずれも税込)。予約は東武トップツアー各支店やWEBサイト、または電話での受け付けです。参加者全員に乗車証明書と、東上線・越生線全45駅からの片道乗車券がセットされた「東武東上線全線開通90周年記念乗車券」がプレゼントされます。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント