通勤電車引退ツアーが満員御礼 人気の理由は焦げた臭い?

東武のごく普通の通勤電車が、東上線の池袋~小川町間から引退。さよならツアーが実施されることになり、参加者が募集されたのですが、400名の定員が数日で埋まってしまいました。この引退する通勤電車、「焦げた臭い」で有名なのです。

東武ユーザーにはおなじみの臭い?

 2015年1月、東武東上線の池袋~小川町間から8000系という車両引退します。これに伴い1月17日(土)、引退する8000系電車を使った「ありがとう8000系 8175+8506編成 Finalツアー」が実施されることになりました。料金は大人4500円、子供3500円で、定員は400名です。

東上線の池袋~小川町間から2015年1月に引退する8000系(画像:東武鉄道)。

 この東武8000系という車両は窓と並行にロングシートが並ぶ、鉄道に対して特に関心のない人から見れば、どこにでもあるようなごく普通の通勤電車です。

 そうしたいつも乗っているような通勤電車に土曜日、わざわざ何千円も払って乗るのだろうか、と思うかもしれません。しかし12月24日のツアー募集開始から5日後、12月29日に満員御礼。募集が締め切られてしまいました。

 もちろんこのツアー、ただ東武8000系に乗るだけではなく、森林公園検修区(埼玉県滑川町)で車両撮影会や鉄道部品の販売が行われたり、東武博物館の花上名誉館長というその世界で高名な方によるトークショーがあったり、記念弁当や記念品がプレゼントされるという特典もあります。しかしそれ以前に、一見ごく普通の通勤電車に見えるかもしれませんが、鉄道ファンのあいだではなかなかに存在感がある車両なのです。

 その理由のひとつとして、東上線はもとより、東武ユーザーなら多くの方が感じたことのあるだろうものがあります。車両から時折漂ってくる「焦げたような臭い」です。

この記事の写真一覧

  • 20141230_tobu8000_1
  • 20141230_tobu8000_2
1 2

関連記事

最新記事

コメント