「幻の新橋駅」活用アイディア募集 東京メトロ

「幻の新橋駅」を活用するアイディアを、東京メトロが募集します。

わずか8ヶ月だけしか使用されなかった新橋

 2015年10月27日(火)、東京メトロは新橋駅にある「幻のホーム」の活用方法を募集すると発表しました。

 東京メトロ銀座線の新橋駅には、「幻の新橋駅」「幻のホーム」と呼ばれている場所があります。

古い右横書きの「新橋」表記が残る「幻のホーム」(2015年3月、恵 知仁撮影)。

 1927(昭和2)年、東京地下鉄道が浅草~上野間に“東洋初の地下鉄”を開業させました。そして1934(昭和9)年6月までに、上野駅から新橋駅まで延伸させます。このとき造られた新橋駅が、現在の銀座線新橋駅です。

 一方で、東京高速鉄道が1939(昭和14)年1月までに渋谷~新橋間を開業。この東京高速鉄道の新橋~渋谷間と、東京地下鉄道の浅草~新橋間が合体し、現在の浅草~渋谷間を結ぶ東京メトロ銀座線へ至ります。

 この、新橋駅を境にする東京地下鉄道と東京高速鉄道、両線が新橋駅まで開業する前から直通運転の計画がありましたが、協議がうまく調いませんでした。

 そこで東京高速鉄道は1939年1月、将来の折り返し運転用に造られた新橋駅を“仮駅”として使用。協議ようやく同年9月に調って、両社とも同年6月に開業した東京地下鉄道の新橋駅を使うことになります。

 そしてこれにより、東京高速鉄道が“仮駅”として設けた新橋駅は、わずか8ヶ月の使用で役目を終えました。

 この8ヶ月しか使われなかった東京高速鉄道の新橋駅ホームが「幻の新橋駅」「幻のホーム」と呼ばれ、現在も残っているのです。

この記事の写真一覧

1 2

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. どこで活用アイデアを応募できるのでしょうか?