東洋初、ATSも初 「銀座線車両の技術変遷展」開催

地下鉄博物館で特別展「銀座線車両の技術変遷展」が開催されます。現在の東京メトロ銀座線は東洋で最初の地下鉄であったり、国内で初めてATSを実用したり、日本の鉄道史において大きな意味を持つ路線なのです。

日本鉄道史に大きな意味を持つ銀座線とその車両

 東京メトロは、メトロ文化財団と協力し2015年3月10日(火)から4月19日(日)まで、「地下鉄博物館」(東西線葛西そば)で特別展「銀座線車両の技術変遷展」を開催することを発表しました。

一番上が銀座線の初代車両、すなわち日本初の地下鉄車両である1000形(画像提供:東京メトロ)。

 銀座線とその車両は、日本の鉄道史において大きな意味を持っています。

 東京メトロ銀座線は、1927(昭和2)年12月に東京地下鉄道として浅草~上野間が開業したのがその始まり。日本ではもちろん東洋初となる地下鉄で、当時「東洋唯一の地下鉄道」として注目を集めました。

 そしてこのとき走り出した1000形という電車は安全が最優先に設計され、当時の日本では珍しい構造、技術が導入されています。ひとつは地下鉄であることから難燃性を重視し、ほぼ全ての部材を鋼鉄で製造した「全鋼製」の車体で登場したことです。その時代はまだ、鉄道車両は木造車体が一般的でした。そして、当時としては珍しい「自動ドア」を採用したことも特筆です。手動ドアは、特に地下鉄では安全性に大きく影響する可能性があります。

この記事の写真一覧

  • 20150227_ginzasen_01
1 2

関連記事

最新記事

コメント