渋滞名所の海老名JCT、改良で汚名返上か 実走で見えたその効果

渋滞名所の海老名JCTが改良されました。果たしてそれにより、どの程度の効果があるのでしょうか。実際に走って確かめてきたところ、呆然としました。

渋滞名所のランプウェイが車線倍増で

 圏央道の桶川北本IC~白岡菖蒲IC間の開通を翌日に控えた、2015年10月30日(金)。圏央道と東名高速が交差する海老名JCTで、“渋滞名所”になっていた東名上り線から圏央道外回り(北行き)へ向かうランプウェイ(連絡路)が、1車線から2車線になりました。事前告知なし、突然の改良でした。

 NEXCO中日本のリリースによれば、その事業概要は以下の通りです。

「本区間は1日に約2万3千台の交通量があり、主に平日の通勤時間帯に(中略)合流部で渋滞が発生しています。東名高速と並行する新東名高速道路が全線開通するまでの渋滞対策として、道路幅は変更せず、車線幅や路肩幅を狭めることで暫定的に2車線運用にするものです」

「更に、圏央道と外回り方向のランプウェイ(編注:東名から圏央道北行きへ向かう連絡路)がスムーズに合流できるよう、圏央道本線(外回り)の一部区間で2車線から1車線運用とするものです」

 私(清水草一)はこれまで数回にわたって海老名JCTの欠陥構造について指摘してきただけに、今回の改良実現には喜びもひとしおです。2車線化実行の翌日に早速、実走してみました。

2車線に変更された海老名JCTのランプウェイ。1車線時代の跡が残っている(2015年10月、清水草一撮影)。

 正直、呆然としました。あまりにも自然で、何の違和感もなかったからです。むしろ最初からこういう区画線を想定して設計したのではないか、と思ったほどです。

 実際、その可能性はゼロではありません。過去、首都高と外環が交わる美女木JCTでは、JCT内の信号機の設置に公安委員会が安全面で難色を示し、区画線を変更させたことがあります。今回も「ひょっとして?」という疑念を抱かせるほど、仕上がりは自然でした。

 今回の海老名JCT実走時、これまでの混雑は嘘のようにゼロで、スカスカという表現がピッタリでした。これでもう二度と自然渋滞は発生しないでしょう。

この記事の写真一覧

1 2 3 4

関連記事

最新記事

コメント

4件のコメント

  1. 本事案、私も気になっておりましたので早速現況の確認に行かれたことは評価します。

    しかし、「2車線化翌日」ということは10/31(土)に行かれたかと推察されます。

    渋滞が解消もしくは大幅に改善されるのは間違いないかと思いますが、平日の通勤時間帯の状況をご確認いただいて、改めて記事化して頂けないでしょうか?

    客観的なデータを用いた研究家らしい記事を期待します。

  2. 呆然としました。

    文面当初にあるこの言葉の使い方はおかしいと思います。

  3. 大和トンネル:本線での本方式採用は速度低下を招き、逆に渋滞を発生させる恐れがある。
    本件の恒久化:新東名開通後、更には横浜方面延長後、本線1車線で容量足りるのか心配。合流部の延長はやるべき。
    …とはいえ、埼玉区間全通で渋滞が大渋滞となる前に、サクッと対策した中日本を高評価することはよいと思う。

  4. 大和トンネルの話題にも触れられていましたので私見を述べます。そもそものあそこら辺の渋滞の根源は日常生活道路として東名が周辺住民や商用に使われ過ぎている点にあると思っています。
    東名阪の動脈としての機能を担保するためには新東名建設よりも246と国道1号線の間に県民向けのバイパスを作ってしまった方がよいのですが神奈川県内の市を跨ぐ道路建設は計画自体がないに等しいです。それによりもたらされる国道や高速道路整備は国が多額の予算を割いてやるべきことではないと思います。
    これは新東名全線に言えることで、新東名は全て分断し各県内で完結する無料バイパスのような新道にすべきでしたがもはや後の祭りです。
    東名高速をスピードアップさせるために国はあえて日常利用の車両を減らすための地域向けバイパスに投資するという発想はないんでしょうかね。次から次に湯水のごとく金を注ぎ込んで付け焼き刃の増設を続けたところでいずれは少子化と東京への人口一極集中で有料道路など赤字まみれになるはずです。愚かな垂れ流し行為だと思いますが一度動きだせば止まらないんでしょうね。