相鉄の電車、色がヨコハマネイビーブルーに 都心直通を意識

相模鉄道が「デザインブランドアッププロジェクト」を本格始動。今後、電車の色が「ヨコハマネイビーブルー」に統一されます。

近い将来、都心を走り出す相鉄車両

 相模鉄道(横浜市)は2015年11月5日(木)、同グループの100周年と、2018年度から始まる都心相互直通運転に向けて、「デザインブランドアッププロジェクト」が本格始動したと発表しました。

 デザインの総合監修は、「くまモン」生みの親であるクリエイティブディレクターの水野学氏と、空間プロデューサーの洪恒夫氏が担当。「Thinking of the next century. これまでの100年を礎に、これからの100年を創る」をデザインコンセプトに、相鉄線の車両や舎、制服などをリニューアルするものです。

「YOKOHAMA NAVYBLUE」に身を包む9000系電車のイメージ。相鉄の車両は今後すべてこの色になる(画像提供:相模鉄道)。

 これにより相鉄の車両は今後、外装色が横浜の海をイメージしたという「YOKOHAMA NAVYBLUE(ヨコハマネイビーブルー)」に統一されます。2018年度に予定しているJR線との、また2019年度に予定している東急線との直通運転、すなわち都心へ相鉄車両が乗り入れることを意識して、この色にしたそうです。

 相鉄によると現在、9000系電車の新デザインへのリニューアル工事を進めており、新デザインになった車両は2016年春から運行する予定といいます。

1 2

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント

8件のコメント

  1. 相鉄のボックスシートは現場での運用担当者や混雑区間の利用客からは嫌われる存在だが、相鉄の移動サービスに重要な付加価値を供している。あれがあるからこそ相鉄がマイカーに対抗しうる旅の乗り物という可能性を残し得た。それに気付いたのがデザイナーだという点が面白い。移動の没個性が鉄道のプレゼンスを緩やかに下げているという問題に経営者はこれから対峙することになるのだろう。

  2. めちゃめちゃかっこいい電車になったね。一度相鉄線に乗りたいな。

  3. 白に青とオレンジのストライプ塗装の9000系のほうが可愛いし、もっと良かったな。ネイビーブルー塗装なんてお化けみたいに超キモすぎるし、毛羽すぎるし、超かっこ悪すぎる。

  4. 白に青とオレンジのCIカラーのがもっと良かったし、超素敵だし(特に9000系)、可愛かった(特に9000系)。ネイビーブルー塗装だとスネ夫(残酷な奴・鬼)というしかない。お化けみたいでキモすぎる。

  5. この色は夜の色に溶ける色ですね。
    昔、こういう色の車に乗っていましたが、夜見ると「黒より黒い」色です。

  6. 実車拝見しましたが、ちょっと暗過ぎて、黒にしか見えませんでした。
    もっと明るくして青を強調した方が良いと思います。ラインを入れるなど、見直しを希望します。

  7. 実際に乗ってみましたが、すごく良かったです!色もカッコよくて、座席(革の)もフワフワでとても座り心地が良かったです。
    全部の車両がこれになるのが楽しみです(*´▽`*)

  8. 香川県ルー餃子のフジフーヅはバイトにパワハラの末指切断の重傷を負わせた犯罪企業